2008年10月03日

優勝請負人「中尾誠」(高松宮記念最終日)

住之江競艇のGT「第36回高松宮記念特別競走」は地元の田中信一郎選手がまくり差しで優勝。優出インタビューで「メークレジェンドで頑張ります」と宣言した通りの快勝だった。

 この勝利の立役者となったのが佐賀の中尾誠。優勝戦は田中が「中尾に行ってもらって」と言った通りの展開になった。5号艇の三嶌が前付けで3コースに動き、3号艇の中尾は4カドを選択。田中は迷わず中尾マークの作戦に出た。中尾はカドからコンマ07のトップスタートを決めると、内を一気に絞っていく。インは王者・松井だったがなすすべなく後退。マーク位置の田中が「待ってました!」とばかりに突き抜けた。

 中尾にとってGT優出は今回が2回目。前回は07年7月の浜名湖賞だった。その時も4コースから絞っていって、マーク位置の佐々木康幸がまくり差し快勝。中尾の隣は「優勝への近道」と言えるかもしれない。いや、次こそは中尾が「優勝請負人」を返上してまくりきってしまうのか。GT優勝戦で中尾誠の名前を見つけたら、迷わず買おうと思う。もちろん隣の選手も。
posted by 藤原邦充 at 12:58| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(2) | 住之江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。